LINEモバイルはクレジットカードがなくてもOK!ドコモからの乗り換えなら超簡単!

ラインモバイルイメージ

格安SIM、使ってますか?

毎月の携帯料金が一気に安くなる事はご存じだと思いますが、安ければ安いなりのリスクがあるだろうと警戒されている方も多いのではないでしょうか?

私がまさにそうだったんですけどね(笑)

LINE Payカードを使うようになった流れで、LINEモバイルに興味を持つようになりました。

今話題の格安SIMですね。

どういった特徴があるのか見ていきたいと思います!

LINEモバイルの料金

LINEモバイルには、基本的に3種類の料金プランが用意されています。

データ通信のみなら基本料金だけでも大丈夫ですが、普通に音声通話も利用するなら対応したサービスに加入する必要があります。

また、音声通話は30秒で20円かかるので、通話料金が心配ならオプションの『10分電話かけ放題(月額880円)』に加入しておくと安心です。

LINEフリープラン

・LINEアプリ使い放題

月額基本料金 500円~

容量 1GB

料金目安 データ+SMS+音声通話 月額1200円(1GB)

10分電話かけ放題(オプション)加入 → 月額合計2080円(1GB)

コミュニケーションフリープラン

・LINE、Twitter、Facebook、Instagramが使い放題

月額基本料金 1110円~

容量 3GB~10GB

料金目安 データSIM(SMS付)+音声通話SIM 月額1690円(3GB)

10分電話かけ放題(オプション)加入 → 月額合計2570円(3GB)

MUSIC+プラン

・LINE MUSIC、LINE、Twitter、Facebook、Instagramのデータ消費0

月額基本料金 1810円~

容量 3GB~10GB

料金目安 データSIM(SMS付)+音声通話SIM 月額2390円(3GB)

10分電話かけ放題(オプション)加入 → 月額合計3270円(3GB)

※LINE MUSICは別途利用料金が発生。データ通信量には料金が発生しない。

格安SIMの中では料金は若干高い?

LINEモバイルで最も一般的だと思われるプラン(コミュニケーションフリープラン・3GB・音声通話・10分電話かけ放題加入)の料金は月額2570円になります。

この料金だけをみると、他の格安SIMと比べれば高いと感じるかもしれません。

ただ、この料金には、10分電話かけ放題のオプション価格を含んでいますし、LINE、Twitter、Facebook、InstagramといったSNS系サービスに関しては使い放題という特典まで付いています。

そういったことを考慮すれば、決して高くない料金設定と言えますね。

もちろん、プランやオプションの組み合わせ方次第で月額料金は変わってきます。

極端な話し、LINEアプリを使う為だけに契約するなら、LINEフリープランの月額500円だけでいいわけです。1GBタイプのLINEフリープランなら音声通話を加えたとしても1200円で業界最安値クラスです(笑)

ただし、ここまで抑えたプランで十分な人はかなり限定されそうですけどね。

格安SIMは料金形態が複雑過ぎるので、単純に料金の比較がしにくいんですよね。結局、実際に自分でシミュレーションしてみないと分からないものです。

全体的な料金設定をみると、LINEモバイルは至って平均的でしょう。

格安SIMは安さを売りにしているので、各社とも競争が激しいです。LINEモバイルより安いとこは何社もありますし、逆に高いとこも何社もあります。ただ、それらの差はサービス内容で十分にカバー出来る範囲なんですよね。

ぶっちゃけ、それほど大差ないというのが私の印象です。

間違いなく言えるのは、携帯電話大手3社と比べれば圧倒的に安いということです!

大体、5000円前後は安くなりますからね~

LINEモバイルの気になる疑問を解決!

携帯会社の乗り換えは色々と面倒では?

面倒ではないとは言い切れません(笑)

ただ、難しくもありません!

ドコモからの乗り換えなら、今使っているスマホをそのまま使えるので便利です。

LINEモバイルでは、LINEモバイルで購入した端末、SIMフリー端末、ドコモのSIMカード対応端末が利用出来るようになっています。

画像

なので、もしauやソフトバンク等のスマホを持っているとしたら、事前にSIMフリーにしておく必要があります。この手続きは各携帯会社に申し込みをすれば手続きをしてくれます。

MNP(携帯電話番号ポータビリティ)サービスにも対応していますので、電話番号もそのままで利用することが出来ますよ。

MNPでの乗り換え方法
LINEモバイルウェブサイトからお申し込みを行うためには有効期限が10日以上、店舗からお申し込みを行うためには有効期限が1日以上ある、10桁のMNP予約番号が必要です。一部のMVNO事業者からのMNP転入はお受けできませんのでご注意ください。

1.MNP予約番号を取得する
ご利用中の通信会社の店頭・電話・WEBサイトなどで「MNP予約番号(10桁)」を取得します。
各種窓口にて「MNP予約番号を取りたい」とお伝えください。
必ずMNP予約番号と有効期限をメモしてください。

2.LINEモバイルに申し込む
お申し込み画面で音声付きのプランを選択し、MNP予約番号を入力してください。
有効期限が10日未満の場合は番号の再取得をお願いします。

3.SIMカードが到着するのを待つ
SIMカード(端末セット購入の方は端末とSIMカード)がご契約先の住所に送付されます。

4.SIMカード受取完了後、MNP受付窓口へ電話する
MNP開通受付窓口(電話番号 0120-889-279)へご連絡をお願いします。
連絡後、約2時間程度でLINEモバイルのSIMカードがご利用いただけるようになります。
音声通話が利用可能になってからデータ通信が利用可能になるまで、さらに1~2時間程度お時間をいただく場合がございます。
MNPの開通受付窓口へお電話がない場合、SIMカードが配送された翌々日の午後に自動的に切り替えを順次実施します。

電波の届く範囲は?

携帯電話で一番気になるのが電波の届く範囲ですよね。

せっかくのスマホも電波がなくては意味がありません(-_-;)

LINEモバイルはNTTドコモの回線を利用しています。

即ち、ドコモが繋がる場所ならLINEモバイルも使えるわけです!

回線スピードが遅くてイライラしない?

回線スピードに関しては、その時の状況によって変わってきます。

とりあえず、現時点ではストレスなく使えている人が多いようですね。

というか、かなり早い部類に入るようですよ!

ただ、今後LINEモバイルの会員数が爆発的に増えたなんてことになれば、急に遅くなってしまう可能性もないとは言えません。まあ、今のところは心配の必要もなさそうです。

ちなみに、回線速度の速さで有名なのはUQモバイルです。

公式サイト auネットワークで月々980円(税抜)〜!【UQ mobile】

auからの乗り換えなら、LINEモバイルよりUQモバイルの方がオススメです。

LINEモバイルのデメリットについて

1年以内の解約には違約金が発生する

解約金は携帯大手3社ではお馴染みのデメリットですが、LINEモバイルでも同じように解約金デメリットが存在します。

音声通話SIMカードをご利用の場合、利用開始日から起算し、利用開始日の翌月を1ヶ月目として12ヶ月目の末日まで(末日を含む)に、サービスの解約又はMNP転出をする場合は9,800円(税抜)の解約手数料が発生します。データSIMとデータSIM(SMS付き)をご利用の場合は、解約手数料は発生しません。

【MNP転出時の諸費用】MNP転出手数料 3,000円(税抜)

1年以内にMNP転出で他社に乗り換えた場合、解約手数料とMNP転出手数料を合わせて12,800円の解約金がかかることになるわけです。

1年以上経過すれば、MNP転出手数料3,000円だけで済むので、大手キャリアの2年縛りに比べれば良心的と言えるかもしれませんね(笑)

SNS系の利用が少ない人はメリットが弱くなる

LINEモバイルの大きな特色が、SNS系アプリの利用に制限がないということです。

フリープランならLINEアプリのみですが、コミュニケーションフリープランならLINE、Twitter、Facebook、Instagramといったアプリが容量にカウントされることなく無制限で使えます。契約している容量の上限に達したとしても、これらのSNS系アプリだけはサクサク使えるわけです。

逆に言うと、これらのアプリの利用が少ない人にはメリットとは言えませんよね。元々、こういったSNS系アプリは、それほどデータ量を必要としませんし、あまり使わない人なら容量にカウントされたとしても気にならない程度だったりします。

メリットに感じるかどうかは人によって違ってくるということでしょう。

LINEモバイルのここがいい!

月額料金の支払いにLINE Payカードが使える!

格安SIMはクレジットカードが必須の会社がほとんどです。

でも、LINEモバイルならLINE Payカードが使えます。

ラインペイカード画像

LINE Payカードについては話しが長くなるので省略しますが、オートチャージ機能を利用することで銀行口座引落しと同じ感覚で利用することが可能になるのです。

LINE Pay カードが申込みから1週間で到着!利用開始手続きをして実際に使うまでの流れを紹介!

2017.07.04

・クレジットカードを作りたくても作れない人
・現金主義を貫き通している人
・クレカはあるけどLINE Payカードをメインで使っている人

そんな人たちにとって、料金の支払いにLINE Payカードが利用出来るLINEモバイルの存在は大きいですよね。私はこれがLINEモバイルの一番のメリットじゃないかなと思います。

LINEポイントが貰える!

LINEモバイルでは、毎月の利用料金の1%分のLINEポイントが貰えます。

そして、毎月の料金をクレジットカードで支払いをしていれば、クレジットカード分のポイントが貰えますよね。この時のポイント還元率はクレジットカードによって異なるわけですが、LINE Payカードで支払いをしていれば更に2%分のLINEポイントが貰えるという計算になります。

【番外編】LINEモバイルのCMが素晴らしい!

これは完全に個人的な意見ですが、LINEモバイルのCMが好きです(笑)

のん(能年玲奈)が出演するCMなんですけど、音楽が妙に耳に残るんですよ~

キリンジのエイリアンズ(2000年11月発売、オリジナルアルバム「3」に収録)という曲でして、恥ずかしながら私はCMで初めて聴きました。

センスいいですよねぇ。

LINEモバイルのまとめ

格安SIMへの乗り換えを考えてるなら検討の余地あり!

こうして見てみると、格安SIMに乗り換える人が多いのも納得ですね。

もし、今からスマホデビューするとしたら私は迷わずLINEモバイルを選びます(笑)

デメリットらしいデメリットがありませんからね。

私はdカード GOLDをメインで使っているので、ドコモから乗り換えする予定は今のところありませんが、これだけリーズナブルだと2台目のスマホとしても使えそうですよね。LINE専用機として使うなら月額500円で使えるわけですからね(笑)

iPhone8が発売されたら、今使ってるiPhone7plusでLINEモバイルデビューもありそうです。

LINEモバイルのサービス概要

運営会社 LINEモバイル株式会社
通信エリア docomoネットワーク
料金プラン 500円~
新規入会特典 月額利用料金が初月無料
MNP 対応
使用可能な端末 LINEモバイルで購入した端末、SIMフリーまたはdocomoの端末
申込み ウェブサイト、全国のLINEモバイル取扱店