【みんなの銀行】口座開設するだけで1,500円ゲット!初回特典コードの入力タイミングはいつ?

アイキャッチ画像

みんなの銀行の口座を作りました。

作った理由は、口座開設するだけで1,500円貰えるからです^^

みんなの銀行は、スマホアプリから簡単に口座開設を行えるので、面倒な郵送でのやり取りなども必要なく、ホント5分ほどで口座開設が完了しました。そして、翌日には1,500円が入金されていました(・∀・)

口座開設時に紹介コードを入力するだけで1,500円ゲットです!

紹介コード
KtFOAYGw

それでは、1,500円ゲットまでの流れをみていきましょう!

スポンサーリンク

みんなの銀行の口座開設の流れ

アプリダウンロード

スマホがiPhoneならApp Store、AndroidならGooglePlayから、みんなの銀行アプリをダウンロードします。

ダウンロード

用意しておくもの

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・住民基本台帳カード(写真付・官公庁から発行された書類)

これらのうち1点が必要です。

必要事項の登録

1.アプリの新規口座開設をタップ
2.注意事項の確認
3.名前の入力
4.生年月日・性別の入力
5.携帯番号の入力
6.メールアドレスの入力
7.メールアドレスに届いた認証コードの入力
8.住所の入力
9.就業状況の入力
10.普通預金口座の取引目的の入力
11.入力内の確認

本人確認書類のアップロード

12.書類の選択
13.カメラで撮影

本人確認ビデオ撮影

14.本人確認書類を手に持ってビデオ撮影
※画面の指示に従って撮影します
15.確認完了までしばらく待つ
※私の場合は数分かかりました

ログイン設定

16.ログインパスワードを設定する
17.秘密の質問の設定
18.受付完了

ログイン

19.ログインする
※メールアドレスとログインパスワードで
20.SMSの疎通確認
※携帯番号に届く認証コードを入力
21.再ログインする
22.生体認証情報の登録
※顔認証や指紋認証でログイン出来る(後からでも可)

支店の選択

23.支店を選びます

・ハーバーブリッジ支店
・ブルックリンブリッジ支店
・レインボーブリッジ支店
・ポンヌフ支店
・タワーブリッジ支店
・ポンテベッキオ支店
・ゴールデンゲートブリッジ支店

※好きな支店を選べばOK

ATMの暗証番号の設定

24.4桁の暗証番号を設定する

紹介コードの入力

25.紹介コードの入力
※これを入力しないと1,500円貰えません!

紹介コード
KtFOAYGw
26.口座開設完了
スポンサーリンク

初回特典コードの入力タイミングはいつ?

一番最後に入力

先ほどご紹介した通り、紹介コードは一番最後に入力します。

途中で一度受付完了となり、ログインする流れになりますが、その時点で紹介コードは入力していません。私も最初は「あれ?間違えたかな?」と少し焦りましたが、最後に入力することになりますので、焦らずに確実に入力するようにしてください(`・ω・´)ゞ

紹介コード
KtFOAYGw

口座開設後は紹介することも可能に

無事に口座開設が完了すると、自分が紹介する為の紹介コードが発行されます。

スマホ画面の右上の人型アイコンをタップし、

スマホ画面

「お友だち紹介」から確認できます。

ご家族やご友人に、この紹介コードでみんなの銀行の口座開設をして貰えば、口座開設をしたご家族やご友人はもちろん、紹介した側の方にも今なら1,500円入金されます。是非、ご紹介してあげてみてください( ̄∇ ̄)

今回のまとめ

誰でも1,500円ゲットのチャンス!

銀行口座を開設するだけで1,500円貰えることはなかなかありません。

口座維持手数料などもかかりませんし、作っておいて損はありませんよね。

紹介コードは最後に入力

口座開設時に大事なことは紹介コードの入力です。

入力なしで口座開設を完了することもできますが、完了後に紹介コードを入力することは出来ませんのでご注意下さい。せっかくの1,500円が貰えません(-_-)

紹介コードの入力は、口座開設の一番最後に行いますので、とにかく、最後まできっちりやり遂げましょう。ご家族やご友人で既にみんなの銀行口座を作っていらっしゃる方がいる方は、紹介コードを聞いておくといいですね。喜ばれます(・∀・)

周りにみんなの銀行の口座を持っている方がいなければ、こちらの紹介コードを利用してみてください。私も喜びます(≧∀≦)

紹介コード
KtFOAYGw

あとがき

みんなの銀行はスマホアプリで操作する銀行です。

何と言うかデザインもスゴイ洗練されていて、お洒落な銀行ですよね。現時点で公共料金やクレジットカードの引き落としに対応していないとのことなので、銀行の使い方としては少し限定されてきそうですが、他行振り込みなどは無料で行える方法もありますので、せっかくなので更なる活用法を見つけていきたいと思っております。

最後までお読みくださりありがとうございました!

スポンサーリンク