『大橋巨泉のクイズダービー』正解率ランキング!

クイズダービータイトル画像

クイズダービー 正解率ランキング

1.はらたいら .748(回答数 6474 正解数 4842)期間15年

2.黒鉄ヒロシ .662(回答数 471 正解数 312)期間1年

3.竹下景子 .633(回答数 6590 正解数4172)期間16年

4.うつみ宮土理 .476(回答数 384 正解数 183)期間1年

5.宮崎美子 .400(回答数 852 正解数 341)期間2年

6.篠沢秀夫 .327(回答数 4376 正解数 1423)期間11年

7.長山藍子 .299(回答数 792 正解数 237)期間2年

8.植草克秀 .284(回答数 458 正解数 129)期間1年

9.山崎浩子 .277(回答数 1192 正解数 330)期間3年

10.北野大 .274(回答数 1160 正解数 318)期間3年

11.斉藤慶子 .274(回答数 635 正解数 174)期間2年

12.南田洋子 .217(回答数 458 正解数 99)期間1年

13.井森美幸 .207(回答数 1813 正解数 375)期間4年

『クイズダービー』(英称:Quiz Derby)は、毎週土曜日の19:30 – 20:00(JST)にTBS系列で放送されていた、ロート製薬一社提供のクイズ番組である。初回は1976年1月3日、最終回は1992年12月19日で、全862回放送された。

ウィキペディアより

クイズダービーを盛り上げた大橋巨泉のトーク術

大橋巨泉さんが、12日に82歳でお亡くなりになったとの報道がありました。謹んでお悔やみを申し上げたいと思います。昭和を代表する名司会者がまた一人逝ってしまったわけですが、昭和の時代そのものが消えていくようでホント寂しいものですね。

私が子供の頃、土曜日の夜は『日本昔話し』→『クイズダービー』→『8時だよ!全員集合』とTBS系列の番組を見るのがお決まりになっていました。子供ながらに「クイズダービー」に面白さを感じていたのも、巨泉さんのトーク術があったからこそだと思います。回答者の魅力を120%引き出していた感じでしたよね(笑)

正解率NO,1はダントツではらたいらさん!

クイズの正解率トップは、個性溢れる回答者の中で、巨泉さんに宇宙人と呼ばれていたはらたいらさん。クイズの正解率は何と約75%もあったそうです!4問あれば3問正解のペースだったんですね。そりゃ倍率も低くなっちゃいますよね(笑)

三択の女王の異名を持っていた竹下景子さんが3位に入ってますけど、それでも正解率は約63%もあります。出始めの頃は確かまだ女子大生でしたね。2位の黒鉄ヒロシさんは、はらたいらさんの前に3枠に座っていた方なのですが、こちらは在籍期間が1年程度とちょっと短かったですね。裏切り狸と巨泉さんに呼ばれていたのが印象に残ってます(笑)

10年以上在籍した回答者は3人!

17年近く放送された「クイズダービー」ですが、10年以上回答者を務めたのは、篠沢秀夫、はらたいら、竹下景子の3人だけでした。この3人は、巨泉さんとともにまさに番組の顔でしたね。篠沢教授のキャラ好きだったなあ(笑)

2枠の女優・女性タレント枠は、短期間でレギュラーが変わってましたね。私が印象に残ってるのは、長山藍子さん、宮崎美子さん、斎藤慶子さんあたりですかねぇ。井森美幸さんが在籍4年と一番長くレギュラーを務めてたようですが、私も番組終盤はあまり見なくなっていたので井森さんの印象がちょっと薄いんですよね。

どんな人気番組にも終わりはやってくる・・・

1990年に大橋巨泉さんが降板して、司会者が徳光和夫さんに代わりましたが、その後、2年ちょいほどで番組が終了しています。時代が昭和から平成に変わり、「クイズダービー」見て育った私たち世代も大人になっていきました。一世を風靡した「8時だよ!全員集合!」も1985年に終了してますし、どんな人気番組にも終わる時がやってくるんですよね。

それでも、毎週見ていたあの時代のことを私はずっと忘れません。「クイズダービー」がそれだけインパクトのあった番組だったことに間違いはありませんし、私たち世代が生きている限り、今後も語り継がれていくことでしょう^^

スポンサーリンク