アピタで使えるクレジットカード・電子マネーは?UCSカードとユニコカードは作ったほうがいいの?

アピタ看板

私がイオンに次いでよく利用するのがアピタです。

最近でこそイオンの進出で影が薄くなってきましたが、こちらではユニー時代から馴染みのあるショッピングセンターですからね。

今回は、そんなアピタの決済方法についてまとめてみました。

スポンサーリンク

アピタで使えるクレジットカード・電子マネー

クレジットカード

ほぼ全てのクレジットカードが使えます!

JCB、マスターカード、VISA、アメックス、ダイナースクラブの5大国際ブランドが利用可能になっています。もちろん、プロパーカードだけでなく提携カードでもOKなので、ほとんどのクレカがアピタで使えることになりますね。

一番お得なクレジットカードは、もちろんUCSカードです。

UCSカード画像

利用出来るクレジットカードとして、UCSカードや5大国際ブランドの他にも、セゾン、DCカード、ニコス、オリコ、OMC、セディナ、楽天カード等も店舗内の案内で紹介されています。

電子マネー

アピタの電子マネーと言えばユニコです!

そして、楽天Edyもお馴染みですね。

この他にも、iDとクイックペイが使えます!

電子マネー
交通系電子マネー
交通系電子マネーにも対応しているので、使える電子マネーは結構あります。

UCSカードとユニコはどれくらいお得なのか?

UCSカードの主な特典

UCSカード画像2 カード詳細 UCSカードの詳細

・毎月19日、20日は5%オフ(アピタ)

・毎週金曜日は5%オフ(ピアゴ)

・宇佐美直営ガソリンスタンドで1Lにつき2円引き

・お買い物200円につき1ポイント付与(還元率0.5%)

・毎週日曜日はポイント2倍(アピタ・ピアゴ)

・毎週土日はポイント2倍(サークルKサンクス)

ユニコカードの主な特典

ユニコカード画像

・毎月19日、20日は5%オフ(アピタ)

・毎週金曜日は5%オフ(ピアゴ)

・お買い物200円につき1ポイント付与(還元率0.5%)

・毎週日曜日はポイント2倍(アピタ・ピアゴ)

・毎週土日はポイント2倍(サークルKサンクス)

UCSカードとユニコカードがお得なのは間違いない

UCSカードとユニコカードの特典内容はほぼ同じです。

アピタ、ピアゴ、サークルKサンクスをよく利用するのなら、どちらを持っていてもお得になる事は確かです。ピアゴ限定ですが、毎週金曜日の5%オフなんかは利用価値が高そうですよね。

また、こういった基本的な特典以外にも、店舗や期間によって様々なキャンペーンが開催されています。たまたま訪れた日にキャンペーンがやっていたりするとラッキーですよね。私も何度かUCSカードかユニコカードがあればなと思ったことはありました(笑)

サークルKサンクスに関しては、今後ファミリーマートに姿を変えていくことになるので、毎週土曜日のキャンペーンも今だけと思っていたほうが良さそうです。サークルKは慣れ親しんできたコンビニだけに非常に残念です。

UCSカードとユニコカードを作るべきか?

アピタ・ピアゴの利用頻度によって違ってくる

UCSカードは普通のクレジットカードなので当然審査があります。

クレカを1枚作る労力に見合った見返りがあるのかよく考えた方がいいですね。

アピタ・ピアゴの利用頻度が高いのなら、作る価値は十分にあるとは思います!

ユニコカードについて

クレカに抵抗があったり作れない人には、ユニコカードがオススメです。

手数料が100円かかりますが、アピタ・ピアゴ、サークルKサンクスですぐ手に入ります。

ユニコカードはチャージして使うプリペイド式の電子マネーなので、クレジットカードのように使い過ぎる心配がありません。

ただ、電子マネーとしての機能はかなりシンプルです。

現金チャージしか出来ないので、当然オートチャージも出来ません。使えるお店も、他の電子マネーに比べると圧倒的に少ないのが難点です。

お得なのはいいとして、少し便利さに欠けるかなというのが私の印象です。

iDとクイックペイが使えるという利点

アップルペイが使える!

アピタ・ピアゴではiDとクイックペイが使えます。

そう。

アップルペイが利用出来るのです!

私は専らアピタではdカード GOLDのiDを使っています。

カードを使う時もありますし、アップルペイを使う時もあります。dカードのキャンペーンに合わせて、どちらを使うか選ぶようにしています(笑)

UCSカードもアップルペイに対応

UCSカードのアップルペイ
UCSカードも先月くらいからアップルペイが利用出来るようになっています。

クイックペイとして使うことになるようですね。

UCSカードもアップルペイに対応したことで、一気に用途の幅が広がってきます。コンビニとかファストフードとか、アップルペイが使えるお店はメチャクチャ増えてきてますし、クレカに比べて少額決済がしやすいのもいいですよね。

今回のまとめ

手持ちのクレカで代用は出来る

アピタ・ピアゴで、UCSカードとユニコカードがあるとお得です。

ただ、そこまで利用頻度が高くないのなら、無理して持つ必要はないというのが私の結論です。既にクレカを持っているのなら、アップルペイでiDやクイックペイを使うことも出来ますからね。

ユニコカードはクレカを持っていない人向けで、アピタ・ピアゴをよく利用するのならUCSカードということになってきます。

あとがき

私はアピタを月2~3回ほど平日のみ利用する程度なので、UCSカードを作る意味はあまりありません。

他のクレカや電子マネーで十分なんですよね。

私の場合はdカードのiDを使っているので、いつでもポイント還元率は1%になります。UCSカードやユニコカードの基本的なポイント還元率は0.5%なので、仮に持っていたとしてもdカードのiDを使った方がお得になるんですよね。

もちろん、キャンペーン日に行くことが多ければ、UCSカードやユニコカードの方がお得になったりしますけど、私はほぼ通常日にしか行かないので、こういった結果になってしまいました。

とにかく、ほとんどのクレカとiD・クイックペイが使えるのは有難いです。
現金を使わずに決済が出来るのは便利なことですよね。

ちなみに、うちの妹はアピタでもイオンカードを使ってます(笑)

ということで、アピタで使えるクレカ・電子マネーのお話しでした!

スポンサーリンク