ショッピング枠の現金化は厳禁!最悪の場合は強制解約も!?

現金画像

メルカリやヤフーオークションで現行紙幣の出品が禁止になりました。

ここ数日、テレビのニュースなどでも大きく取り上げられたニュースですね。

10万円の現金が、12万円とか額面以上の金額で何故落札されるのだと不思議に思っていましたが、クレジットカードのショッピング枠の現金化が目的で行われていたのだとか。

私は、ヤフオクとかでクレカが使えることも知りませんでした(笑)

スポンサーリンク

ショッピング枠の現金化は重大な規約違反

とにかく換金目的のクレカ利用はご法度

クレジットカードにはショッピング枠キャッシング枠があります。

私はキャッシング枠をどのカードも設定していないので、クレカでお金を借りることは出来ません。ネットやリアルの店舗で、ショッピング枠の範囲内での利用のみ使うことが出来ます。

でも、仮にクレカで何かを買って、それを換金すれば現金を手に入れることが出来る訳です。

今回の件だと、フリマアプリ「メルカリ」やオークションサイト「ヤフオク」で出品されていたのは現金なので、換金するまでもなく現金が手に入ることになりますね。差額は手数料ということになりますが、かなり損をすることは間違いありません。

ちなみに現在は、出資法に触れる恐れもあるとのことで、出品しても削除されます。

まあ、損をしても現金が欲しいという人がいるということです。

もちろん、これは完全にショッピング枠の現金化になるのでアウトです!

ただ、クレジットカード会社にどこまで情報が伝わるのかも謎ですし、すぐに何かしらの処分が下されるのかは定かではありません。実際にショッピング枠の現金化を専門に行っている業者もあると聞きますからね。

確実に言えるのは、重大な規約違反になって強制解約(強制停止)になってしまう可能性があることと、収支的にも大きな損害を被ってしまうということです。せっかくクレカのポイントを貯めても意味がありません(-_-;)

現金化と判断される危険性

ショッピング枠の現金化をクレジットカード会社は一番嫌います。

そういうこともあって、意図しないことで現金化と判断される場合もあるようです。

ショッピング枠の現金化は、新幹線の回数券なんかが有名ですけど、こういった換金率の高い金券をクレカで購入するのは注意が必要ですね。例え換金目的ではなくても、マークされて場合によっては強制停止とかも十分に考えられます。

また、ブランド品とか家電とか、必要以上にクレカで購入するのも危険です。こういった商品も現金化がしやすいですからね。純粋に必要だから購入した場合でも、強制停止される恐れはあります。

まあ、普通に使っていればほぼ問題はないとは思いますが、そういったケースも起こる可能性があるということだけは頭に入れておいたほうがいいかもしれません。

今回のまとめ

ショッピング枠の現金化には手を出さない

クレカの強制解約の理由で主に挙げられるのが、延滞不正利用です。

延滞は問題外として、不正利用についてはよく知っておく必要があります。

会員規約に色々と詳しく書いてありますけど、中でも重要になってくるのが、今回取り上げたショッピング枠の現金化なんですね。

クレジットカード会社はとにかく現金化に敏感です。

換金目的のクレカ利用はもちろん、金券などの現金化を疑われる商品の購入も出来るだけ避けた方が無難と言えます。

あとがき

クレジットカードって便利ですけど、一歩間違えれば破滅が待っています。

ショッピング枠の現金化はその入り口と言えるのかもしれません。

現金化してリボ払いするとか考えただけでもゾッとします(笑)

せっかく手にしたクレカを強制解約する恐れもありますし、やはり、クレジットカードはルールを守って利用することが大切ですよね。

お金に困っているような人が持つべきではないのでしょう。

私も貧乏なので十分に気をつけたいと思います(-_-;)

ということで、ショッピング枠の現金化のお話しでした!

スポンサーリンク