SBIゴールドカードが届いた!申し込み・審査から到着までにかかった日数は?

SBIゴールドカード書類

遂にSBIゴールドカードが届きました!

レギュラーでさえ厳しいと思っていたのに、勢いで申し込んだゴールドカード。

まさかの可決に狂喜乱舞しましたが、やはり、カードを手にすると実感が湧いてきます。

私みたいな属性でも発行されるものなんですねぇ。

そんなわけで、SBIゴールドカードの申込から到着までの流れをみて行きましょう!

スポンサーリンク

SBIゴールドカードが届くまでの日数は?

申し込みから16日目にカードが到着

1月16日にネットから申し込みをして、カードが手元に届いたのが2月1日でした。

到着までにかかった日数は16日間になりますね。

クレファンの平均到着日が15.9日となっていましたから、まさにデータ通りの平均的な到着日数だったと言えます。

SBIゴールドカードのスペックを確認

2017.01.25

SBIカードからの電話連絡

携帯電話に着信アリ

この半年でカードを何社も申し込んでいますが、SBIカードで初めて在宅確認の電話がありました。

申し込みから4日後に、携帯電話に見知らぬ電話番号から不在着信が2回ほどあったんですけど、番号を調べてみると発信元はSBIカードでした。その後、折り返すも営業時間外ということで繋がりませんでした。

045-820-5907 ← SBIカード(神奈川県・横浜市)

携帯メールにメッセージが

それから3日後(土日を挟んでいた)の月曜日の午前中に、今度は携帯番号メールにSBIカードからメッセージが届いていました。

SBIカード株式会社です。お申し込みの件でご確認事項がございます。お手数ですが0120-〇〇〇〇〇〇まで折り返しご連絡をお願いいたします。

お昼頃に折り返し電話をしてみると、SBIカードのカスタマーサポートに繋がり、オペレーターさんにメールの件を話すとそのまま同じ人が確認事項の説明をしてくれました。

電話で確認された内容

・名前

・生年月日

・住所

・仕事の内容

最初に本人確認をされた後に、仕事の具体的な内容を聞かれました。

私は自営業で申請しているので、どういった業務内容なのか確認だったようですね。

一応、ネット通販をメインでやっているので、そのことをハッキリと伝えました。特に突っ込まれることもなく、あっさりしたものでしたね(笑)

最後に「何かご質問等はありますか?」と聞かれましたが、あまりへんなことを聞いて印象を悪くしても勿体ないので、「特にありません」とだけ応えておきました。ホント、本人確認と仕事の内容を事務的に聞かれただけという感じですかね。

SBIゴールドカードの審査に通過!

本人確認の翌日に可決を確認

電話連絡をしたのが1月23日の月曜日。

その夜にSBIカードの審査状況ページを確認しましたが、「申込を受け付けました」のまま変わっていませんでした。翌日の24日の午前中にもう一度確認したところ、「カード発行手続き中」に変わっていました。

この時点で審査可決決定です!

カード発行確定メールの到着

更に翌日の1月25日に審査結果確定メールが届きました。

もしも、最初の着信があった20日に電話に出ることが出来ていれば、カードが到着するまでの日数は2~3日ほど短縮されていたかもしれませんね。

電話イラスト

カード申し込みから到着までの流れ

今回のカード審査の過程

1月16日 ネットから申し込み

1月20日 SBIカードから不在着信

1月23日 スマホメッセージ(携帯電話メール)

1月23日 折り返し電話で本人確認・仕事内容確認

1月24日 カードの審査状況が「発行中」に変化

1月25日 カード審査結果確定メール

2月1日 カード暗証番号通知書・カード本体(本人限定受取)着

カードは本人限定受取で届く

カード本体が届いたのは、審査結果確定メールが届いてジャスト1週間後でした。カード本体は郵便局から本人限定受取がまず届いて、受取り可能日時を連絡した後に実際に受け取る形になります。

私は本人限定受取が届いたその日に受け取ることが出来ました。

また、ネットの口コミによると、カード暗証番号通知書とカード本体が別の日に届くケースも多いみたいですね。2つとも揃わないと引落口座の設定も出来ないので、カードだけ届いたとしても実際に使うことは出来ません。

カードが届いたらまずやること

会員専用ページからカード利用料金の引落口座を設定する。

引落口座を設定しないとカードが使えませんので、とにかくまず最初に引き落とし口座の設定をしなくてはいけません。SBIカードは引落口座に指定出来る金融機関がかなり限られているので注意が必要です。

SBIカード公式 引き落とし口座の設定について

オンラインで設定出来る金融機関

・住信SBIネット銀行

・楽天銀行

・ジャパンネット銀行

・みずほ銀行(みずほダイレクトの契約が必要)

・三井住友銀行(SMBCダイレクトの契約が必要)

預金口座振替依頼書で設定出来る金融機関

・三菱東京UFJ銀行

・三井住友銀行

・りそな銀行

・埼玉りそな銀行

私は住信SBIネット銀行を利用しているので、口座設定をした翌日には登録が完了していました。オンラインで設定出来る銀行は、SBI以外も翌営業日くらいだと思いますけど、振替依頼書で設定する場合は1週間ほどかかるらしいので、カードが届いても使えるまで時間がかかりますね。

それにしても、口座振替可能な銀行が少ないですよねぇ。

SBIゴールドカードのまとめ

SBIゴールドカードを申し込んだ理由

私がこのカードを申し込んだ理由は2つありました。

・住信SBIネット銀行のステージランクアップ

・A8のセルフバック案件のキャンペーン

SBIカードを持っていて、引き落とし口座にSBI銀行を指定していると、SBI銀行のスマートプログラムのランクが自動的に上がります。レギュラーカードなら+1、ゴールドカード以上なら+2です。私はいつもランク3だったので、SBIカードがあればランク4になれるのです。

今まではランク3維持の為に純金積立をやってましたけど、SBIゴールドカードを持てたことで無理に続ける必要もなくなりました。純金積み立てを解約したとしてもランク4が確定です!

そして、もう一つ。

どうせ申し込むのならとA8ネットのセルフバックの案件を見ていたのですが、たまたまSBIゴールドカードだけキャンペーンをしているのを発見したんですね。それまではレギュラーカードでいいかなと思っていたんですけど、キャンペーンをしているならゴールドカードで申し込んでみようと決めたのです。

1月31日までのキャンペーンだったので、今(2月5日)の時点でこの案件はありません。

ゴールドがダメならレギュラーの審査に回るようだったので、完全にダメ元での申し込みでした。私のような属性でゴールドカードが通るとは思っていませんでしたから、まさにA8のおかげでゴールドが取れたと言っても過言ではありません(笑)

何となくですけど、期間限定のキャンペーンをしているクレカは、普段より審査に通りやすい気もしますね。もちろん、ダメな時はダメですし、あくまでもボーダーライン上の時の話しですけどね。ライフカードの時も期間限定キャンペーン中でした。

あとがき

SBIゴールドカードは、ゴールドと言っても年会費が2700円(税込)と安いですし、一般的なゴールドカードと比べるとステータスもほとんどありません。

それでも欲しくなるのは、まず独特のデザインでしょうね。

本物のゴールドが素材に使われていることでも有名ですし、デザインを含めたカードのフォルムに惹かれる人は多いと思います。

また、実用面でみると、住信SBIネット銀行との相性が抜群です。

スマートプログラムのランクアップにも役立ちますので、住信SBIネット銀行のヘビーユーザーなら是非とも持っておきたいクレカとも言えるのではないでしょうか。

私にとっては初めてのゴールドカードなので、ずっと大事に使いたいと思います!

ということで、SBIゴールドカードのお話しでした!

スポンサーリンク