セブンカード・プラスでApple payは損?どんな場面で使うべき?

アイキャッチ画像

セブンカード・プラスApple payに対応しています。

当初は国際ブランドがJCBのみ利用可能でしたが、現在はVISAも使えるようになりました。セブンカード・プラスをApple payに登録をしておけば、スマホ(iPhone)だけで買い物が出来るので非常に便利です(`・ω・´)ゞ

ただ、便利ではありますがあまりお得とは言えません…

スポンサーリンク

セブンカード・プラスでApple pay!

QUICPay(クイックペイ)として使える

画像
セブンカード・プラスをApple payに登録をすると、QUICPay(クイックペイ)として使うことが出来るようになります。レジで「クイックペイで」と言うだけで使えます!

クイックペイはポストペイ型(後払い式)の電子マネーになりますが、仕組みはクレジットカード本体で支払いをしているのと同じです。カードを手渡すことなく、更に、スマホだけでクレジット決済が出来ることがApple payの利点と言えます。

カード詳細 セブンカード・プラスはnanacoでお得!

ポイント還元率は0.5%

セブンカード・プラスは、200円で1ポイント還元されます。

還元率は0.5%になりますね。

カードの利用200円につきnanacoポイントが1ポイント付与されるわけですが、Apple payでクイックペイとして使った場合も、同じように200円につき1ポイントが付与されることになります。

セブン-イレブン等では確実に損をする!

ただし、大きな問題点があります!

セブンカード・プラスの一番のメリットは、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどでお得になることです。しかし、セブンカード・プラスをApple pay(クイックペイ)で使った場合は、このメリットが完全に消えてしまいます(-_-;)

(セブン-イレブンで買い物をした場合)
・nanaco 1.5%還元
・カード本体 1.5%還元
・Apple pay 0.5%還元

一番大事な特典が対象外になるので、損をするのは一目瞭然です。ボーナスポイントも含めて全ての特典が対象外となります。単なるポイント還元率が0.5%のクレカを使っているのと同じなのです。

何とも残念な仕様と言えますね( ̄ー ̄)

セブンカード・プラスのApple payを使う場面は?

セブン&アイグループ以外のお店で使う

Apple payの普及で、クイックペイやiDが使えるお店が増えています。

スマホのみで決済が出来るのは非常に便利なので、少額の決済ならポイントよりも便利さを優先するのもアリでしょう。ただ、Apple payに登録出来るクレジットカードは沢山ありますので、他にポイント還元率の高いカードがあれば、そちらを使った方がお得にはなりますね。

・dカード GOLD 1.0%
・ヤフーカード 1.0%
・オリコカードザポイント 1.0%
・オリコプレミアムゴールド 1.5%

私はこういったカードをApple payで使っていますので、セブンカード・プラスはApple payに登録していません。登録したとしても出番がありませんからね(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

セブンカード・プラス(ゴールド)の修行に

セブンカード・プラスにはゴールドカードが存在します。

セブンカード・プラスのゴールドカードは招待制なので、一定の条件をクリアした方だけが持つことが出来ます。この条件の一つとして挙げられているのが、年間100万円以上の利用です。

この条件をクリアするのが目的となれば、セブンカード・プラスのApple payもかなり貢献してくれそうです。私もイオンゴールドカードの修行の時に、わざわざポイント還元率が0.5%のイオンカードのApple payをガンガン使っていたものです(笑)

イオンゴールドカードセレクトへの切替が完了!

2018.02.19

Apple payのキャンペーン

Apple payが登場して間もない頃は、各社キャンペーン合戦が熾烈でした。

Apple payの利用でポイント5倍、10倍とか普通にありましたし、セブンカード・プラス(JCB)では過去に10%キャッシュバックキャンペーンなんてのもありました。最近は少なくなってきましたが、こういったキャンペーンが開催されていれば、もちろん使う価値はありますよね。

キャンペーンのお知らせは要チェックです(`・ω・´)ゞ

今回のまとめ

セブンカード・プラスでApple payの出番は少ない

セブンカード・プラスは何の為に作ったのか?

私の住む地域にはイトーヨーカドーはありませんので、完全にセブン-イレブンでの利用がカードを作った理由になります。nanacoは税金の支払いにも使えるので、オートチャージも出来るセブンカード・プラスがあると非常に便利ですからね。

セブン-イレブン限定ながら、ポイント還元率も1.5%と高いです。

しかし、セブンカード・プラスをApple payで使うと、セブン-イレブンでの特典が対象外なってしまいます。このルールがある限り、セブンカード・プラスをApple payで使う意味はありませんね。セブン-イレブンでは、nanacoかクレジット払いかのどちらかということになります。

ただ、セブンカード・プラスをメインで使う人はこの限りではありません。ポイントを集中させることも出来ますし、セブン&アイグループ以外ならApple payの出番も十分に考えられます。

カード詳細 セブンカード・プラスはセブン-イレブン専用でも持つ価値あり!

あとがき

Apple payもすっかり当たり前になってきました。

登場した頃はカードを登録するだけでもワクワクしたものですが、8割以上のクレジットカードが登録出来るようになってくると、そういった楽しみも徐々に薄れてきた気がします。登録出来るカードの枚数にも制限があるので、どのカードを入れるか迷うことにもなってきますが、やはり、ポイント還元率を重視することになってきますからね。

0.5%のセブンカード・プラスはどうしても弱いですね(;´・ω・)

でもまあ、Apple payでも使えるということには良い事です。私みたいに10枚以上クレジットカードを持っていると迷うことも多くなりますが、平均的な枚数(2~3枚)の方なら細かい事は気にせず利便性優先で使うことも出来ますね。

私がちょっと異常なのだけかもしれません(笑)

ということで、セブンカード・プラスでApple payのお話でした!

スポンサーリンク