dカード GOLDは本当にお得なの?年会費1万円を無駄にしないためには?

アイキャッチ画像

dカード GOLDにアップグレードして3ヶ月が過ぎました。

年会費の10800円(税込)は、初回引落し時に既に支払い済みです。

dカードなら年会費無料で済むのに、dカード GOLDになると毎年この年会費10800円が必要になってきますよね。

それでもお得になると判断してアップグレードに踏み切った訳ですが、果たして実際のところはどういう結果になっているでしょうか?

結論から言うと、私の場合は間違いなくお得にはなっています!

スポンサーリンク

dカードとdカード GOLDの主な違い

dカード dカードGOLD
カードフェイス カード券面 カード券面
年会費 初年度無料、2年目以降1,350円(税込)※年1回以上の利用で無料に 10,800円(税込)
ポイント還元率 1% 1% ※ドコモのケータイおよび「ドコモ光」利用分は10%
ケータイ補償 最大1万円(1年) 最大10万円(3年)
海外旅行保険 なし 最大1億円(自動付帯、※一部利用付帯)
国内旅行保険 なし 最大5,000万円(利用付帯)
お買い物安心保険 年間100万円 年間300万円
空港ラウンジ なし 全国28の空港ラウンジが無料で利用可能(※1)

(※1)dカード GOLDで利用可能な空港ラウンジは、全国29ヶ所+ハワイ1ヶ所(2019年4月現在)にパワーアップしています。

dカード GOLDで空港ラウンジを利用出来るのは国内だけなの?【2019年最新版】

2017.09.13

一番の違いは年会費!?

dカードの年会費は初年度無料です。

2年目以降は1350円(税込)かかりますが、一度でもカードの利用があれば無料になるので、実質的に永年無料ということになります。

一方、dカード GOLDの年会費は10800円(税込)です。

カードが発行されて最初の引落し時に支払うことになります。

dカードとdカード GOLDを比較する場合、一番の違いはこの年会費と言えますね。

10800円を払ってもお得になるのか?

ここが最大の見極めポイントになってきます。

dカード GOLDのメリットは多い

付帯保険や補償内容、空港ラウンジ等、dカード GOLDのメリットは沢山あります。

dカード GOLDのメリットは?dカードを5ヶ月使ってみた感想

2017.04.18
ただ、実際に利用するかは微妙なんですよね(笑)

飛行機によく乗るような人なら利用する機会も多そうですけど、私みたいに10年に1回乗るか乗らないかのレベルになると、ほぼ関係のない特典とも言えるんですよね。

それに、頻繁に海外に行くような人はマイルを貯めてると思いますし、マイルを貯める為のクレカも保持しているはずです。ANAカードとかJALカード等のゴールドカードがあればdカードをゴールドにする必要もありませんよね。

参考記事 ANA VISAカード(三井住友カード)の詳細

もちろん、そういった特典を目的にdカード GOLDを持つ方もいらっしゃるとは思いますが、多くの人は、dカード GOLD最大の特典でもある「ドコモケータイ、ドコモ光の利用分の10%還元」に一番のメリットに感じているのではないでしょうか。

カード詳細 dカード GOLDのメリット&デメリットを解説!【2019年最新版】

dカード GOLDを3ヶ月使った結果

初年度は間違いなくお得!

dカード GOLDはキャンペーンをずっとやっています。

新規はもちろん、アップグレードも対象になっています!

私の場合だと、iDキャッシュバックだけで1万円分頂いております。
※内8000円分は2ヶ月後に貰える予定。

これだけで今年の年会費は相殺出来ます!!

10%ポイント還元は実はシビア!

10%のポイント還元は、支払い総額に対しての還元率ではありません。

ドコモケータイ、ドコモ光の利用料金の10%となっています。

スマホの分割払い分には適応されませんし、利用料金も各種割引サービス値引き後の金額に対しての10%ということになります。

私の場合、毎月のドコモ支払いは9000円くらいでしたが、アップグレードの初月はドコモ利用分のみで400ポイントの付与でした。

ドコモ光に加入後は、ドコモ利用分で300ポイント、ドコモ光利用分で600ポイントとなっています。細かい計算は別記事で紹介していますが、とりあえず毎月のdポイント還元は900ポイントという結果になりました。

関連記事 ドコモユーザーはドコモ光がお得!dカードGOLDがあれば完璧!

毎月900ポイントなら、年で10800ポイントです。

年会費と全く同じに相当するだけのポイントになりますね。

dカードからのアップグレードでお得に!

アップグレード審査について

dカード GOLDのアップグレード審査は難しくはありません。

私は場合、最初にdカードを作ったのですが、その時はマイドコモのステータスが「ご契約中」に切り替わるまで12日間かかりました。審査結果が出るまでかなりの日数がかかったんですよね。

一方、dカード GOLDにアップグレード申請をした時は、約4分で審査可決のメールが届きました。

どう考えても、アップグレード審査は通りやすいと言えますよね。

dカードGOLDにアップグレード申込をしてみた!審査の結果は?

2017.03.14

アップグレードは入会特典がダブルで貰えてお得

私はアップグレードでdカード GOLDを手にしました。

dカード GOLDの入会特典は、アップグレードも対象に入っているんですよね。

dカードを作った時にdカード新規入会特典をゲット、アップグレード時にdカード GOLD新規入会特典をゲットと、ダブルで入会特典を頂いたことになります。

dカードの入会特典の中にはカード発行の5ヶ月後にキャッシュバックされるものもありましたが、権利さえ確定してしまえばdカード GOLDにアップグレードした後でもしっかり貰えるので心配はありません。

まあ、カード番号も変わりますし、手間もかかるのであえてオススメはしませんけど、私の場合は結果的にダブルで入会特典を貰えてかなりラッキーでした。

今回のまとめ

ドコモ光の加入が大きく左右する!

初年度は間違いなくお得になりますが、2年目以降は微妙という人が多いかもしれませんね。

ここで大きなカギを握るのがドコモ光でしょう。

ドコモ光のお得さ

私の場合、もしも、ドコモ光の加入がなければ、ドコモケータイ分の毎月400ポイントのみで、年で言うと4800ポイントということになります。

年会費との差額は6000円

10%還元以外のdカード GOLD特典で、この6000円を相殺出来るかが見極めポイントになりますよね。私の場合だと、dカード GOLDのケータイ補償(3年以内最大10万円まで)を当てにして毎月のケータイ補償(750円)を解約しているので、ドコモ光に加入しなかったとしてもまだお得にはなっていました。

まあ、修理可能だったりすると実費がかかるので、このへんの決断は微妙と言えば微妙なんですけどね。私は過去に一度もこういった補償を利用したことがないので、大丈夫だろうとの判断です。

・ドコモ光に加入
・毎月のケータイ補償(750円)を解約

この2つのアクションを起こしたことで、2年目以降もお得になる計算です。

もちろん、付帯保険や空港ラウンジ等、その他の特典に魅力を感じる人もいるでしょうし、10%ポイント還元だけでdカード GOLDを判断することは出来ませんが、こういった数字を知っておくと分かりやすいのではないかと思います。

カード詳細 dカード GOLDのメリット&デメリットを解説!【2019年最新版】

あとがき

dカード GOLDはお得と言われてますけど、実際にお得になる人はかなり限定されていますね。

・ドコモユーザー
・ドコモ光の利用

とにかくドコモユーザーであることは必須ですが、ドコモ光も併せて利用していないと厳しいですかね。もちろん、ドコモ料金だけでも契約プラン次第ではお得にはなってきますが、私のような単身世帯だとドコモ光の利用がないと厳しいです。

年会費が勿体ないと感じたら、普通のdカードで十分です。

ただ、ゴールドカードには自己満足みたいなものもありますからね。私は仮にお得ならなかったとしても、dカード GOLDにアップグレードして後悔はしなかったと思います(笑)

以上、dカード GOLDは本当にお得なのかというお話でした!

スポンサーリンク